写真館/第13回演芸まつり  その2 of 太神楽曲芸協会

dkkmark01.gif

logo_syashinkan.png

第13回 大演芸まつり その2 2002年5月6日

仲入り後は、当協会と日本演芸家連合(演芸連合)各団体の代表幹部が行う口上から始まります。
太神楽曲芸協会からは会長の翁家喜楽、相談役の翁家和楽が並び、演芸連合会長の春風亭柳昇師(落語芸術協会)、さがみ三太師(漫才協団)の4名。

2002050607.jpg
口上(左から さがみ三太、翁家喜楽、春風亭柳昇、翁家和楽)


口上が終わって一端中幕が降り、次に幕が開くと大勢が傘で鞠を廻しながら登場。
傘の曲バラエティの始まりです。
今回は今までにない趣向で、いくつか品物を用意し、お客様にそれらを廻す人と物を指名して頂くというゲームに若手が挑戦。
一から十までの番号の袋があり、その中身が何かはお客様も若手も知りません。
仙一、勝丸、正二郎、和助、仙三の中から1人を選び、続いて袋の番号を選びます。

2002050609.jpg 2002050610.jpg
傘の曲バラエティ・オープニング / 番号の付いた袋


まず最初に声が掛かったのが鏡味正二郎。
品物は塩化ビニールの植木鉢セットでした。
通常は一定の軌道で廻せる品物を使うのですが、造花のついてる植木鉢にそれを望むべくはありません。
しかし鉢を横にしてどうにか廻すことに成功。

続いて翁家和助にリクエスト。
指名された袋の中身は丸い提灯でしたが、これは比較的廻しやすく、簡単に成功しました。

次は鏡味仙一で、品物がトイレットペーパーというこれまた妙な物。
一定の軌道が確保すべく、横ではなく縦に廻したところ、これもどうにか成功。

続いて翁家勝丸と「鯉のぼりセット」。
傘の頭頂部に小さな鯉のぼりを立て、実際に廻すのは風ぐるまでした。
これまた辛くも成功。

最後は鏡味仙三とコンパクトディスク(CD)です。
これはもう最初から丸い形状ですから、なんなく成功。
ついでにケースに入れたまま廻してみたり。

ところでこのリクエスト大会ですが、実は指名された人が失敗すると顔に墨で×を書かれてしまうというルールなのです。
審査員はお客様と鏡味仙三郎。
しかし結局のところ成否に関わらず仙三郎が×を出すというパターンに。

2002050611.jpg 2002050612.jpg 2002050613.jpg
2002050615.jpg 2002050614.jpg
いろいろなモノを廻す若手たち

最後は顔中に落書きされた若手たちが、翁家喜楽会長へリクエストという反撃。
選ばれた袋から出てきたのはなんとお寿司の飯台。
しかも見本用の寿司が並んでいます。
これは大変に重いものですから、最初は苦労していたようです。
しかしさすが会長、途中からは軌道にのって見事成功。
締めは若手全員で升を廻して終了。
初めてにしては大変盛り上がったと思います。

2002050616.jpg 2002050617.jpg
翁家喜楽の飯台廻し / 升を廻して終了


次に三増巳也による曲独楽。
糸渡りの独楽、衣紋流し、かざぐるま等を華麗に披露しました。

2002050618.jpg 2002050621.jpg
三増巳也の曲独楽


曲芸アラカルトは、みす乃家南玉の「くわの曲芸」、
翁家喜楽、小楽の「たまご落とし」、
鏡味仙三郎、みす乃家南玉の「かごまり」が立て続けに演じられていきます。

2002050619.jpg 2002050620.jpg 2002050622.jpg
曲芸アラカルト:くわ / たまご落とし / かごまり


フィナーレの最初に若手が登場して軽くご紹介。
続いて翁家和楽、喜楽、小楽、鏡味仙三郎の4人による輪の十文字~曲どり。

2002050623.jpg
若手が登場してカラースティックをとる

2002050624.jpg 2002050625.jpg
輪の十文字 / 4人連携の曲どり


そのまま出演者全員が登場。
手に手に道具を持って一斉に曲芸を開始し、掛け声で一同終了。

2002050626.jpg
出演者全員で一斉に曲芸


最後は全員並んでお客様にご挨拶。

2002050627.jpg
一同並んでご挨拶「ありがとうございました」

と、このような流れで万事つつがなく終演を迎えました。
今後もいろいろなコーナーを企画して参りますので、どうぞご期待ください。

<< その1へ          一覧へ戻る