写真館/第3期太神楽研修発表会 of 太神楽曲芸協会

dkkmark01.gif

logo_syashinkan.png

第3期太神楽研修発表会 2002年2月19日

国立劇場第3期太神楽研修生定期発表会が行われました。
日頃の稽古で培った技をお客様の前で披露する貴重な機会であり、また緊張の極地を味わうという、色々な意味で自分の指標になる発表会です。
今回は第3期生初の発表会。
内容の出来不出来は別として、大変にいい勉強が出来たことと思います。


演目 : 太神楽「曲撥」「五階茶碗」

2002021901.jpg
開演後の一番最初が太神楽。演目は曲撥と五階茶碗です
口上は翁家和楽、後見に翁家小楽、鏡味仙三郎


2002021902.jpg
大勢のお客様の前で演じる緊張


2002021903.jpg
五階茶碗「根もと試し」の図。後見も別の意味で緊張しております
現在習得途中段階にある為、今回は一部の技にとどまりました


2002021904.jpg
無事(?)太神楽の発表演目を終え、ほっとする研修生


長唄「松の緑」

2002021905.jpg
本業の曲芸発表を終えても安心してはいられません
今回は太神楽の他に、副科の長唄と日本舞踊の発表もあります
長唄「松の緑」を厳かに演奏している研修生


日本舞踊「蓬莱」

2002021908.jpg
太神楽では仕草・所作も重要な要素
研修で身につけた舞踊の基礎が今後の舞台で必ず役立ちます


余話

2002021906.jpg
将来寄席の中で活躍する研修生達の研鑽ぶりを見に来られた
落語協会会長(平成14年当時)三遊亭圓歌師匠
終始ご覧になられたようです

まだまだ研修は始まったばかりですが、これから数々の技芸を習得し
立派な太神楽師となるべく修行を積み重ねておりますので
皆様どうぞ太神楽研修生を暖かい目で見守ってくださいませ

※平成16年3月に修業し、4月よりそれぞれ
翁家小花(小楽門下)、鏡味仙花(仙三郎門下)となりました